UQ、CAで下り220Mbps「ヤ倍速」対応WiMAX 2+/ LTEモバイルルータW01発表。1月30日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年01月15日, 午前 11:10 in mobile router
0シェア


UQコミュニケーションが WiMAX 2+/ au 4G LTE 対応の Huawei製 ルータ W01 を発表しました。2つの帯域を束ねて同時に利用するキャリアアグリゲーション(CA)により、WiMAX 2+の下り速度を220Mbps に高速化した「ヤ倍速」対応が主な特徴です。1月30日発売予定。予約申し込みは1月16日開始。



W01の主な仕様としては、通信規格が WiMAX 2+(下り最大 220Mbps/上り最大10Mbps) と au 4G LTE(75Mbps / 25Mbps)に対応。初代WiMAXには非対応です。

なおWiMAX 2+の下り220Mbpsを利用するには、3月末を予定するCA対応ファームウェアのバージョンアップが必要。またCA対応エリアである必要があります。

Wi-Fi同時接続数は 10台まで。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応します。

連続通信時間:
WiMAX 2+ 約8時間
au 4G LTE 約7時間20分

待ち受け時間:
デフォルト設定 約730時間
クイックアクセスモード設定時: 約36時間

本体サイズは 120 (H) x 59 (W) x 10 (D) mm。質量は113g。バッテリー容量は2300 mAh。カラーは MARINE(マリン) と White(ホワイト) の2色。

専用クレードル(別売)を利用すればホームルータとしても利用できます。

1月30日より UQ WiMAX オンラインショップおよび MVNO 各社にて発売予定。販売に先立ち 1月16日 午前10時より予約受付を開始します。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: mobile router, UQ Communications, UQ WiMAX, wimax 2+
0シェア