パナソニックがミラーレスカメラ LUMIX GFシリーズの新製品 LUMIX GF7 を発表しました。GF7は前モデルGF6のチルト式タッチモニタを継承しつつ、小型軽量化と撮影機能の強化を施したモデル。

GF6から横幅・厚みとも5mmほど小さくなり、重さは本体で266g (バッテリー込み。GF6は323g)、付属の広角よりズームレンズ 12-32mm(35mm換算24-64mm)装着時で336gと軽くなりました。

外観は従来のGFシリーズから趣を変えて、人気の超小型モデルGMシリーズに近いスタイリングです。
有効画素数と撮像素子サイズは1600万画素・4/3型Live MOSセンサ。先代のGF6とも、超小型兄弟のGM5 / GM1とも共通です。一方で撮影機能は動画でAVCHDプログレッシブ (1920 x 1080, 60p, 約28Mbps)に対応するなどアップデートを図っています。

GF7の立ち位置は『自分撮り&かんたん操作』モデル。チルトモニタを180度回転させた自分撮りはGF6でも可能でしたが、GF7ではさらに大幅に強化されています。

自撮り機能の例は、

・シャッターに触れずに撮れる『フェイスシャッター』(顔を手で隠してから再び見せると顔認識でシャッター)、二人撮影用の『フレンドリーシャッター』(二人が顔を近づけるとシャッター)

・モニタを180度回転させた自撮りモードでは、通常のシャッターボタンと反対側のボディ左側にあるFnボタンがシャッターに切り替わり、右手で手持ちでも撮れる。

・シャッターまでのカウントダウンを液晶に表示。モードを切り替えつつ自動で複数撮影。

・お約束のビューティ機能は美肌に加えて輪郭をこっそり変えるスリムモード、背景ぼかしモード。

またダブルズームレンズキットの標準ズームレンズは12-32mm(35mm判換算で24-64mm)と広角スタートで、自撮り時にも複数人を収めやすくなります。(DMC-GF7W付属レンズ:LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.)

『かんたん操作』はモニタ上への撮影ガイド表示などGFシリーズの伝統ですが、GF7ではチルトモニタ裏に撮影設定オールリセットの物理ボタンを搭載。メニューに潜ることなく、とりあえず分かりやすく初期状態に戻れます。



外見がGMシリーズに近づき先代からは軽量化を果たしたGF7ですが、本体で約60gの軽量化と小型化の代償に、標準バッテリーでの撮影枚数はGF6の340枚から230枚に減りました。CIPA規格で約230枚はGM1Sと同じ。USB充電には相変わらず非対応。

LUMIX GF7の出荷は2月中旬予定。