アップル CEO のティム・クックが1月27日に行った第一四半期(2014年10~12月)の決算発表後のプレス向け電話会議において、Apple Watch を4月に出荷することを明らかにしました。

アップルはこれまで Apple Watch の具体的な発売時期を明らかにしておらず、米国のサイトでは「Early 2015」、日本のサイトでも「2015年に発売」とだけ記されていました。
 
  
ティム・クックは「Apple Watchに関して繰り広げられているソフトウェアの革新は信じられないほど刺激的なもの」、「顧客に Apple Watch を体験してもらう日が待ちきれない」などと語っています。

Apple Watch は昨年9月の発表以来、その発売時期を Early 2015 とだけ表記していました。また、確度の高い情報が売りのアップル系うわさサイト 9to5Mac は今月初め、アップル従業員向けのApple Watch 教育期間が2月中旬に予定されたとの情報をもとに3月発売を予想していました。

4月の出荷開始は、そうした予想からはわずかに遅れるものですが、誤差範囲といったところ。実際、ティム・クックは質疑において開発が順調であることをアピールしたとも伝えられています。

なお今回明らかになった出荷時期は、おそらく米国と主要ないくつかの国においての話。その中に日本も含まれるのかは現在のところわかっていません。