YouTube がマルチアングル動画を実験中。マディリン・ベイリー1曲のみ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年02月5日, 午後 07:00 in experiment
0シェア
FacebookTwitter
 
YouTubeが、動画再生中にユーザーの好みでカメラを切り替えられるマルチアングル機能の試験を開始しました。現在のところ、この機能に対応するのは YouTube Music Night でマディリン・ベイリーが唄った1曲のみです。 
試験中のマルチアングル機能は、動画の右側にならんだ1カメ~4カメのサムネイルをクリックすることで、メインの映像を切り替えられるというもの。いわゆる「スイッチャー」の気分を味わえます。

現在公開されているのは12月16日に開催された YouTube Music Night において、マディリン・ベイリーが唄った"Ball Gowns & Broken Crowns"1曲のみ。YouTubeは映像の没入性やインタラクティブ性を高める取り組みを進めており、マルチアングル対応の試みもそうした実験の一部とのこと。よって今後すぐに同種の映像が増えるわけではありません。

ところで、このようなマルチアングル機能は DVD や BD ソフトでは早くから実現されており、視聴者にとっては目新しいものでもありません。また YouTube は今年1月、Giroptic 社の全方向フル HD カメラ「360cam」で撮影した映像のアップロード、視聴に対応予定であることを明らかにしています。むしろこちらのほうがユーザーに対するインパクトや臨場感などは高く、期待が持てそうです。

YouTube が今後、このマルチアングル機能をどのように仕上げていくのか(いかないのか)、注目したいところです。
 
下はマルチアングルではない映像
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: experiment, google, interactive movies, multi camera, multiple camera angles, youtube
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents