DSD 2.8MHz対応ポタアンFiiO E17K発表。iPhone /iPad ともデジタル接続

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年02月9日, 午前 08:01 in dsd
0シェア
FacebookTwitter
オヤイデ電気がポータブルヘッドホンアンプ FiiO E17K を国内で発売します。FiiO E17K はUSB-DAC 機能を搭載し、最大192kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応。Windows との接続ではDSD 2.8MHzの再生も可能です。さらに iPhone/iPadとのデジタル接続にも対応します。
 

 
 特徴は DSD 2.8MHz の再生が可能なところ。ただし、DSD の再生は Windows との接続で ASIO ドライバーを使用したときのみの対応です。同軸デジタル入力の場合は最大192kHz/24bit、USB からの入力は最大96kHz/32bit までの音楽データに対応します。

iPhone や iPad などのiOS端末とは、Lightning-USB カメラアダプターを使うことでデジタル接続による再生が可能となります。
主な操作はメニュー形式で、側面に配したスクロールホイールで行うため、従来よりも簡単に操作が可能です。また便利な機能としては、電源を入れた時のボリュームメモリーや大音量で耳を傷めないためのボリュームリミッターなどを搭載。90分まで10分単位で設定可能なスリープタイマーを備えています。

音質はTREBLEおよびBASSを10段階に調整可能。左右バランスの調整機能も備えます。

DAC には PCM5102 を、オペアンプには OPA1642 + LMH6643 を採用。ヘッドホン出力は160mW(16Ω)、200mW(32Ω)、60mW(300Ω)。S/N比は105dB。ライン出力の106dB(AUX入力12dB)、113dB(AUX入力0dB/6dB)。歪率は0.005%以下(1KHz)。

内蔵バッテリーは最大で15時間以上の連続駆動に対応。充電時間はUSB経由の場合約3時間40分。

本体大きさは幅104.1 x 高さ62.2 x 奥行き12.8mm。重さ110g。

発売時期は2月13日。オープン価格で、実売予想価格は2万4000円前後。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dsd, e17k, fiio, fiio e17k, hi-res, high resolution audio, IOS, portable headphone amplifier
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents