国土交通省 東北地方整備局が、内部資料「東日本大震災の実体験に基づく 災害初動期指揮心得」のKindle 版を無償で配布開始しました。

この資料は、東北地方整備局の東日本大震災における災害対応の実体験に基づき、首都圏や東海地方など大規模な地震が予測されている地方整備局の行動規範となるべく作成されたもの。

地方整備局やJICA (独立行政法人 国際協力機構)の教材に採用されているほか、今年度に発生した各地の災害への対応にも生かされています。
今回はアマゾンの協力により、日本語版と英語版が対象各国で無償ダウンロード可能になりました。

内容は大きく6章に分かれています。見出しは:
  1. 地方整備局の使命
  2. 発災後1時間
  3. 発災後1日間
  4. 発災後1週間 -作戦行動編-
  5. 発災後1週間 -行動支援編-
  6. 補足

なお最初のページには、

備えていたことしか、役には立たなかった。

備えていただけでは、十分ではなかった。


という、実際に災害対応にあたった東北地方整備局による、実感のこもった悔恨とも取れる言葉が並んでいます。

そのほか資料には危機管理に対する心得や多くの実体験が記されており、万が一の備えとして、また当時の災害現場の状況を知る資料として貴重なものと言えます。

Kindle 本はKindle 端末のほか各OS 用アプリで入手・閲覧できます。

アマゾンが日本語版Kindle for PC アプリ提供開始。書籍のダウンロード可能、日本語小説対応