横浜で開催中のカメラ・写真イベント CP+ 2015より。ソニーブースでは、現在開発中のFEレンズ(35mmフルサイズ機用Eマウントレンズ) 4本と、コンバージョンレンズ2本を参考出展しています。内訳はシリーズ初となるマクロや超望遠ズームレンズなど。FEシリーズのラインナップ拡充を目指します。会場より実物写真をお届けします。


ソニー CP+ 2015ブースは、開幕初日ということもあり大盛況です。



ソニーはCP+で開発中のFEレンズ4本と、コンバージョンレンズ 2本の計6本を出展。モデルを被写体に試し撮りできるコーナーを設けています。

FEレンズはソニーのフルサイズ機向けのEマウントレンズ。現在発売中のFEレンズは5本に留まりますが、ソニーは今回、FEレンズ4製品と専用コンバージョンレンズ2製品を新たに投入し、ラインアップ拡充を図ります。出展された製品の発売時期や価格は現時点では未公開。

参考出展されたFEレンズを一つづつ紹介します。

大口径レンズ:Distagon T * FE 35mm F1.4 ZA

大口径のツァイスレンズを採用。FEシリーズでは最も明るく、被写界深度の浅いボケた写真を撮影できます。

中望遠マクロ:FE 90mm F2.8 Macro G OSS

FEシリーズ初となるマクロレンズです。



待望の超望遠ズーム:FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS

FEシリーズ初となる240mmの超望遠ズームレンズ。24mm始まりで便利です。



コンパクトな大口径レンズ:FE 28mm F2

FE 28mm F2には専用のコンバージョンレンズ「16mm Fisheye Converter」と「21mm Ultra Wide Converter」を装着できます。コンバージョンレンズは既存のレンズに追加して装着することで、フィッシュアイにしたり、超広角にできるものです。





こちらがコンバージョンレンズ。

左が「21mm Ultra Wide Converter」、右が「16mm Fisheye Converter」です。



FE 28mm F2 に16m Fisheye Converterを装着した写真です。