Mac用のデスクトップ仮想化ソフト Parallels Desktop 10 がアップデートし、Windows 10 テクニカルプレビューを新たにサポートしました。アップデート後のバージョンは10.1.4(build 28883)となります。
 
デスクトップ仮想化ソフトといえば VMware が有名ですが、Mac で動作する同種のソフトとしては Parallels が定番です。Mac には Boot Camp という選択肢もありますが OS を選択して起動する Boot Camp に比べ、仮想化ソフトには手軽に複数の OS を動かせる利点があります。HDD と RAM の容量こそ多めに必要となるものの、ソフトウェアの動作試験やとりあえず試用してみたい OS があるときに非常に重宝します。

Parallels Desktop 10 は今回のアップデートで、仮想 OS として Windows 10 テクニカルプレビュー(Bluild 9926)の動作をサポートしました。アップデートを適用した Parallels のバージョンは​10.1.4(Build28883)となります。実験的な対応とはいえ、Mac しか持っていない人 でも Windows 10 の新しいスタートメニューや新ブラウザ― Spartan、デジタルアシスタント Cortana、そして Office 10 for Windows といった新機能をいち早く試せます。

ちなみに、アップデート公開以前の Parallels Desktop でも、Windows 10 テクニカルプレビュー のインストールは可能でした。しかし Windows 10 テクニカルプレビュー(Bluild 9926)をインストールすると、補助ソフト「Parallels Tools」が正常に導入できず、仮想 OS の軽快な動作やネットワークへのアクセスができない状況となってしまっていました。今回のアップデートでは Parallels Tools の問題も併せて解決済みです。