iOS版 Officeが iCloudに対応。Word / Excel / PowerPoint で iCloud Drive 経由の共有も可能に

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年02月18日, 午後 05:36 in app
0シェア
FacebookTwitter


iOS版の Microsoft Office アプリ (Word / Excel / PowerPoint)が iCloud に対応しました。iOS 8ならば iCloud 内のファイルを読み書きできるほか、他の iOS アプリや Mac、Windows PCの iCloud Drive と相互にファイルをやりとりできます。
マイクロソフトは自前のクラウドストレージ OneDrive (旧SkyDrive)を提供する一方で、2014年11月には Dropbox と戦略提携し Office アプリでシームレスに利用可能にするなど、マルチプラットフォーム・マルチデバイス化を進めてきました。

iOS版 Office アプリでは今回のアップデートで iCloudへの保存や読み書きができるようになりましたが、 OneDrive や Dropbox とは扱いが違い、アカウント画面の「サービスの追加」からクラウドサービスとしての追加はできません

そのかわり、「開く」画面から「...その他」を選ぶと、iOSの iCloud Driveファイルピッカーを呼び出して対応ファイルを選択できるようになります。扱いがほかのストレージサービスと異なり変則的なため、他のサービスにあるファイルを複製保存するときも保存先に iCloudは選択できません。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, Excel, icloud, IOS, Mac, Microsoft, microsoft office, office, powerpoint, windows, word
0シェア
FacebookTwitter