マイクロソフトの iOS / Android / PC対応小型キーボードUniversal Mobile Keyboard は3月6日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年02月20日, 午前 11:08 in android
0シェア
FacebookTwitter


Microsoftは、Windows/Android/iOS 対応小型キーボード Universal Mobile Keyboard を3月6日に発売します。Bluetooth接続で最大3台まで同時接続できるモバイルキーボード。同梱のカバーはデバイスを立てかけるスタンドとしても利用できます。実売7980円(税別)。
Universal Mobile Keyboardは、Bluetooth接続で最大3台までのデバイスを接続できるモバイルキーボード。米国では2014年に発売していますが、国内版はキー配列を日本市場向けにローカライズしています。

バッテリーはリチウムイオン電池で、平均的な使い方ならば1回の充電で6か月間利用できます。

Bluetoothバージョンは3.0、電波受信範囲は約10m、キー数は68、本体サイズは109 x 242 x 12mm、質量は365g。


(横幅はiPad Airシリーズと同程度)

対応OSはWindows 8およびRT、iOS 6以上、Android 4.0以上。OSの違うデバイスを3台まで同時に接続でき、右上のスライドスイッチで素早く切り替えられます。Bluetooth HIDをサポートする機器ならばキーボードとして認識はされますが、すべての機能が使えるとはかぎりません。Windows Phone には非対応

同梱するカバーはスマートフォンやタブレットを2段階の傾きで立てかけられるスタンドとして利用可能。またカバーを外すことで自動的にキーボードが起動します。

実物に触れた感想としては、小型キーボードは安っぽさを感じる製品も多いなかで、本機種はコンパクトながらキーの押し心地が良好でタイピングしやすい印象。またカバーの表面にはラバー加工が施され、しっとりした触り心地で上質感があります。


Universal Mobile Keyboardは全国の家電量販店などで3月6日(金)発売予定、実売価格は7980円(税別)です。カラーはブラックとグレーの2色。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, IOS, keyboard, Microsoft, universal mobile keyboard
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents