マイクロソフト、Miracast対応『ワイヤレスディスプレイアダプタ』3月6日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年02月20日, 午前 11:00 in Microsoft
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトは、Miracast対応の『Wireless Display Adapter』を3月6日に国内発売します。テレビやモニタのHDMIに直挿しで、WindowsやAndroid端末のスクリーンをワイヤレスでミラーリング・画面拡張できるドングル製品です。予想実売価格は6980円(税別)。
Wireless Display AdapterはMicrosoft純正のMiracast対応ディスプレイアダプタです。

Miracast は Wi-Fiアライアンスが策定するワイヤレス映像伝送規格。Windows PCのほか、Android OSでもバージョン 4.2以降でサポートします(PC含め機種によっては非対応)。なお、iOS は独自の無線映像伝送規格 AirPlay をサポートしますが、Miracastには非対応です。



ディスプレイアダプタをテレビやモニタのHDMI端子に直挿しして、別途給電のためUSB接続することで、Miracast対応PCやタブレット、スマートフォンの画面をワイヤレスでミラーリングしたり、セカンドディスプレイとして画面拡張できます。見た目はGoogleの Chromecast に似ていますが、単体でインターネットから映像や音楽をストリーミングするような機能はなく、純粋な映像受信アダプタです。

具体的な利用シーンは、会議室のプロジェクターにワイヤレスでプレゼンテーションを出力したり、大画面テレビでの映像鑑賞などが挙げられます。

本体サイズは86 x 20 x 10mm、質量33g。HDMIケーブル長は332mm、またHDMIを更に180mm拡張するケーブルも付属します。




Wireless Display Adapterは3月6日国内発売。予想実売価格は6980円(税別)です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Microsoft, miracast, wireless display adapter
0シェア
FacebookTwitter