アップル、MacBook Proの表示不具合で無償修理。突然再起動や画像の乱れ、2011年モデル以降

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2015年02月20日, 午後 02:40 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルが一部のMacBook Pro を無償修理すると発表しました。対象は2011年に製造された15インチおよび17インチMacBook Pro と、2012年中期から2013年初期に製造された15インチMacBook Pro Retina ディスプレイモデル。

無償修理の理由は、対象のMBP の一部において突然の再起動や画面表示が歪むなどの症状が発生することがあるため。
具体的な対象モデルは:
  • MacBook Pro (15-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina 15-inch Mid 2012)
  • MacBook Pro (Retina 15-inch Early 2013)

またアップルはMBP のシリアル番号で修理対象か否か確認するサイトを用意しています。

アップル - 保証状況とサービス期間を確認する


対象のMBP で見られる症状は:
  • コンピュータ画面のビデオ(画像)が歪んだり乱れたりする
  • コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ(または外付けディスプレイ)の画面に何も表示されない
  • コンピュータが突然再起動する
という3つのうちのいずれか、または複数が発生することがあります。

なお使用中のMBP にこれらの症状が見られず、対象製品にも該当していない場合は修理の必要はありません。

日本での修理受付は2015年2月27日(金)開始。受付はApple Store またはApple 正規サービスプロバイダへの持ち込みと、配送修理から選択できます。

またすでにこの問題を自費で修理している場合は返金されます。アップルは該当のユーザに連絡していますが、連絡を受けていない場合はアップルへ問い合わせる必要があります。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Mac, macbook pro, macbook pro with retina display, MacbookPro, MacbookProWithRetinaDisplay, recall
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents