ドコモ、受信225MbpsのLTE-A商用サービス PREMIUM 4Gを3月27日開始。15年度内300Mbpsに高速化

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年02月25日, 午後 01:42 in 225Mbps
0シェア
FacebookTwitter


NTTドコモは、LTEを高度化した通信方式 LTE-Advanced 高速通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に提供開始します。国内最速となる受信時最大225Mbpsを実現。全国22都道府県の都市部からエリア化し、2015年度内には300Mbpsへの高速化を予定します。

(訂正)初出時のタイトル 「年度内」は「15年度内」の誤りでした。訂正してお詫び申し上げます。


NTTドコモのPREMIUM 4Gは、LTE-Advanced を使用した高速通信サービスです。技術要素としては、複数の周波数帯域を束ねるCA(キャリアアグリゲーション)に加え、広域をカバーするマクロセルと、狭いエリアをカバーするアドオンセルの連携を最適化する新しいネットワークアーキテクチャ「高度化C-RAN」を適用し、通信トラフィックが集中するエリアにおいても安定した高速通信を提供できるとしています。

ドコモ、受信時225Mbpsのカテゴリ6 LTE-Aを3月開始。新技術「高度化C-RAN」導入、エリアは都心部から

通信速度はサービス開始当初は受信時225Mbps / 送信時50Mbps。また2015年度内にはカテゴリ6で規定される上限の受信時300Mbpsへの高速化を予定します。なおLTE-AdvancedはLTEと互換性があり、従来のLTE端末はLTE-AdvancedのエリアでもLTEで通信可能です。

対応端末はサービス開始当初はWi-Fi STATION HW-02GとWI-Fi STATION L-01Gの2機種。2015年度早期にLTE-Advancedに対応したスマートフォンを発売し、対応端末を拡大します。



サービスエリアは全国22都道府県の都市部から開始し、2015年度内には全国主要都市に拡大します。

具体的には、北海道札幌市、宮城県仙台市、茨城県鉾田市・茨城町、東京都千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区、千葉県千葉市・浦安市、埼玉県熊谷市、深谷市・寄居町・小川町・嵐山町・神川町、愛知県名古屋市、静岡県御殿場市・小山町、岐阜県土岐市、三重県鈴鹿市・桑名市、石川県金沢市、富山県富山市・黒部市・高岡市・魚津市、福井県福井市、大阪府大阪市、京都府京都市、兵庫県神戸市、岡山県岡山市、広島県広島市、香川県高松市、高知県高知市、愛媛県四国中央市、福岡県福岡市の一部で3月27日より提供されます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 225Mbps, docomo, lte-a, lte-advanced, NTT, Premium 4G
0シェア
FacebookTwitter