UQ WiMAX 2+ CA 220Mbps「ヤ倍速」体感電波測定バスツアー@栃木県真岡市【前編】

Yutaka Katabami
Yutaka Katabami
2015年02月24日, 午後 03:26 in UQ WiMAX
0シェア
WiMAX 2+ CA 220Mbps

UQコミュニケーションズは、2月12日に栃木県真岡市で稼動を開始したWiMAX 2+のCA(キャリアアグリゲーション)による下り最大220Mbps「ヤ倍速」を体感する、メディア向けの電波測定バスツアーを2月20日に開催しました。

実際に、商用の実環境で195Mbps超もの高速モバイルネットワークを確認した本イベントをレポートします。WiMAX 2+ CA 220Mbps
冒頭、UQ野坂社長が登壇し、2月12日に「ヤ倍速」最初の地として真岡市で稼動させたCAをじっくり見て欲しいと本イベント開催の主旨を伝えました。

真岡市で取ったデータを元にいかに全国展開をするかが重要で、早くWiMAXからWiMAX 2+に移行してもらえるようにと語り、栃木でのイベントに足を運ぶほど、野坂社長の気合が感じられます。


続いて、真岡市エリアから選出されたCA220Mbpsを先行して試用できる50名のパイロットモニターの中から3名が来場し、CA下り220Mbps「ヤ倍速」対応WiMAX 2+/ LTEモバイルルータSpeed Wi-Fi NEXT W01(ファーウェイ・ジャパン製)を贈呈しました。

今回のパイロットモニターは50名で、CA対応のファームウェアにアップデートした製品を貸出することでCA 220Mbpsを利用できますが、W01を購入した一般ユーザは、CAの正式サービスインまではCA対応ファームウェアが提供されないため、貴重なモニター体験です。

パイロットモニターの3名がW01の用途について語りました。
 
趣味のDJでの大容量ファイルのダウンロード速度の違いを確認したり、新たに動画閲覧やオンラインゲームでも試してみたいとヒラノさん。
 
学生で学会発表などの外出先でPCを使用する際のアクセス手段として試していきたいとヒロタさん。
 
スマホで7GBを越えてしまうので、新しくPCを買ってWiMAX 2+で使うことを検討したいとヒラヤマさん。

CAの高速性、エリアの広さ、この日からスタートしたギガ放題での快適さが評価ポイントとなりそうです。

WiMAX 2+の高速性を伝えるbijin-tokei(美人時計)コラボ を展開していますが、このイベントにムロマリ(室伏真璃)さんが登場して華やかな空気に。
 
パイロットモニターの贈呈式を終え、本題のWiMAX 2+ CA 220Mbps「ヤ倍速」体感イベントは、UQコミュニケーションズ執行役員技術部門長の要海敏和氏が解説を担当。

まずは、会場の敷地内にあるコン柱に設置されたWiMAX 2+のCA対応基地局を見学しました。


「こちらがWiMAX 2+ CA対応基地局でございます」的なムロマリさん


コン柱最上部にあるアンテナは、細いほうがWiMAX、太いほうがWiMAX 2+用。


上側にWiMAXの基地局。




下側にWiMAX 2+基地局設備は。右側にはERICSSON製ベースバンドユニット(BBU)。


左側にERICSSON製RRH(Remote Radio Head)無線ユニット。


ギガビット光回線を収容することで220Mbpsに対応しています。


コン柱脇には停電バックアップ最大6時間のバッテリーを配備しています。

設備の説明が終わり、近くで待機しているバスまで移動して、いよいよ「ヤ倍速」体感です。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: UQ WiMAX, wimax, wimax 2+
0シェア

Sponsored Contents