バッファローからSuicaでロック解除できるポータブルHDD。耐衝撃・防沫防塵タフ仕様

Tomohiko Hasegawa
Tomohiko Hasegawa
2015年02月25日, 午後 10:12 in buffalo
0シェア


バッファローは、Suicaなどの交通系ICカードやおサイフケータイをロック解除キーとして使えるタフ仕様ポータブルハードディスク HD-PZNU3シリーズ を今週発売します。

FeliCaチップ搭載カードやデバイスを解除キーとして使えるほか、耐衝撃・防沫防塵のタフ仕様も特徴です。


HD-PZNU3 は耐衝撃ポータブルHDDシリーズの最新モデル。米軍納入品の選定基準であるMIL規格「MIL-STD-810G 516.6 Procedure IV」に準拠した耐衝撃性に加えて、新たにIPX3相当の防雨、IP5X相当の防塵仕様になりました。

ラインナップは容量が1TB および 2TB。本体サイズは90 × 141 × 21mm。重さ300g。本体側面に18cmのUSBケーブルをまきつけて収納できます。



暗号化は AES256 による自動ハードウェア暗号化方式。本体にICカードリーダーがあり、ロック解除キーをかざすとマウントされOSから認識できるようになります。ただし認証や設定には専用のソフトウェアが必要です。暗号認証ソフトウェアの対応OSは、Windows Vista以降 (Windows RT/ RT 8.1は非対応)、MacOS X 10.8以降。ソフトウェアが対応しないOSや家電などでは、暗号化しない状態でただのポータブルHDDとしてならば利用できます。

ロック解除キーとして利用できるのは交通系ICカード(Kitaca、Pasmo、Suica、Manaca、Toica、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、Nimoca、SUGOCA、ITAPPY、ecomyca、Ayuca)、電子マネー(Edy、Nanaco、WAON、PiTaPa)、および おサイフケータイ対応スマートフォンなど、FeliCaチップ搭載機器。製品パッケージにも一枚ICカードが付属します。

暗号化にはパスワードの設定が必要なため、ICカードをなくした場合や設定変更時にはパスワードで解除する方式です。

発売は今週。価格は1TBモデルが1万9900円(税抜)、2TBモデルが3万1000円(税抜)。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: buffalo, HardDisk, HD-PZNU3, hdd, security
0シェア