バルセロナで開催中の MWC 2015 より。ソニーモバイルが球形の Bluetooth スピーカー BSP60 を発表しました。スマートフォンアプリによる音声操作に対応するほか、球体の上部2箇所が開いてスピーカーディフューザーになるといった見ていて楽しいギミックを備えます。
 

 本体にはマイクを内蔵。ハンズフリー通話に対応するほか、Android 用アプリ「Voice Control」を使って BSP60 に天気やその日のスケジュールなどを問いかければ、その質問に答える機能も備えます。またアラーム時計も搭載します。

操作は、本体表面のタッチセンサーで行ない、前面には各種情報が表示可能です。スピーカーは2.5Wのステレオ構成。ディフューザー部に LED を備え、青や緑色に発光します。

Bluetooth 3.0 に準拠し、NFC によるワンタッチペアリングに対応。プロファイルは A2DP /AVRCP /HFP。

直径は100mm。重さは約349g。本体カラーはブラックのみ。充電は microUSB 端子を使用。

 
 
発売日、価格などは未発表。

BSP60 を見るとふと思い出す製品に、2007年に発売した Rolly があります。Rolly はとにかくクルクルとよく動くのが特徴でしたが、実は BSP60 もその底面に車輪を備え、動き回れる設計です。

どうせならディフューザーの部分をヒンジで大きく上方に開くようにしていれば、「機動戦士ガンダム」シリーズに出てくる球形ロボ『ハロ』のようでさらに楽しかったかもしれません。

​訂正:初掲載時、プロファイルにHSPおよびSPPを記載、重さを約325gとしていましたが、その後ソース側で情報の訂正があったため記事中の該当部分を削除および訂正しました。