東芝が Lightning 接続の TransferJet アダプター 「TJ-LT00A」 を発表しました。TransferJet は 高速スループットが売りの近接無線技術。対応する機器どうしを近くに置くことで最大375Mbps(実効値)でのデータ転送が可能です。TransferJet最大の特徴は転送速度。発表文では、TransferJet を使えば1分の HD 動画(約128MB)を約3秒で転送可能としています。
たとえば iPhone で撮影した長時間の動画を PC に送りたい場合、PC 側が TracsferJet に対応していればケーブルレスで高速転送が可能です。ただし、転送は専用のアプリを使う必要があります。対応する OS のバージョンは iOS 7.1および8.1。

アダプター本体の大きさは24.1 x 23.1 x 6.1mm。

発売日は3月7日で、価格はオープン。店頭予想価格は4000~5000円前後。
 
 
なお、Windows 向けおよび Android 向けの TransferJet アダプターも新モデルが同日発売されます。USB ドングル型の Windows 用が「TJ-UA00B」、microUSB 端子を備えるAndroid 用は「TJ-MU00B」。店頭予想価格はいずれも4000~5000円です。

ちなみに TransferJet 対応 SDHC カードの発売はまだ先になるようです。