スペイン・バルセロナで開催中の携帯見本市 MWC 2015より。京セラは太陽光で充電するスマートフォンの実機を参考出展しています。タッチパネルの下に太陽光で発電するフィルムを組み込み、直射日光に2時間さらして5分間の通話が可能。現状実用レベルには程遠いものの将来的な性能向上を目指します。

京セラは TORQUE(トルク)など、防水・防塵・耐衝撃・耐塩などの性能を備える高耐久スマートフォンを売りに、国内外でニッチな市場シェアを獲得しています。



京セラが売りにする高耐久性スマートフォンは、アウトドアやスポーツなど充電場所の確保が難しい用途で根強い需要があります。そこで京セラは、電源がない場所でも充電できるよう、高耐久性スマートフォンに太陽光発電フィルムを組み込んだスマートフォンを開発・参考出展したという説明です。



太陽光発電するフィルムは仏 Sunpartner Technologies社製。タッチスクリーンのすぐ下に組み込まれています。

充電速度については、現段階では直射日光に2時間さらして5分間の通話が可能というレベル。参考出展で実用には程遠いとしながらも、将来的にはバッテリーの充電を気にせずスマートフォンを使えるほどの充電速度向上を目指したいとしています。



会場の実機では、照明を太陽に見立ててスマートフォンを充電し画面を点灯させる太陽光充電のデモンストレーションを実施していました。

なお実用化の時期は現段階では未定。急速に普及するモバイルデバイスではありますが、それに比例して充電場所や機会に悩む場面も増加しています。京セラが今回出展した太陽光充電スマートフォンなどテクノロジーの進歩により、充電に悩まない未来の訪れに期待したいところです。