Apple Watchのバッテリーは通常使用で18時間駆動。充電は電磁誘導の磁石コネクタ式

関根慎一 (Shinichi Sekine)
関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2015年03月10日, 午前 03:45 in Apple
0シェア


アップルが米国で開催中のスペシャルイベント「Spring Forward」より。4月10日より日本でも予約が始まるApple Watchについて、1日のバッテリ持続時間が18時間と言及されました。








充電は時計の背に充電コネクタを近づけると、磁石でくっつく方式。電磁誘導方式を採用し、端子は露出していません。磁石で正しい位置に固定されるため、暗闇で見えなくてもしっかり充電できるとされています。

充電クリップ式にありがちな、正しい位置からずれていたため出掛けにバッテリー残量ゼロに気づく悲劇がないことを祈りたいものです。


追記:Apple Watchの詳細なバッテリー駆動時間テスト内容公開。通常使用18時間の中身は時刻チェック90回、通知90回、アプリ45分、Bluetooth音楽再生しつつワークアウト30分。ほか連続通話では最大3時間、省電力モードの時刻チェックのみならば最大72時間駆動など。いずれも小さいほう(38mmモデル)の数字で、42mmモデルでは通常もう少し長いとされています。











TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Apple, apple watch, apple201503, AppleEventSpring2015, AppleWatch, battery, charging
0シェア