スポーツ用品メーカーのミズノが、装着したランナー向けに各種情報を表示するウェアラブルデバイス「SCOUTER(スカウター)」の開発を発表しました。

ソニーが開発した片目用ディスプレイモジュールとミズノのアイウェアを使用し、専用アプリと組み合わせて、ルートマップやタイムといった情報をランナーの目の前に表示します。
 
ソニーの片目用ディスプレイモジュールは、ARM Cortex-A7 プロセッサと高精細・高輝度なカラー有機 EL ディスプレイを備え、「2m先の16インチ画面」相当の映像を目の前に表示します。また加速度および電子コンパスといったセンサー類も搭載します。ソニーはこのディスプレイモジュール発表時、一般向けではなくパートナー企業に向けた製品だと説明していました。
 

ソニーの片目ディスプレイモジュールによる視界イメージ図

ミズノが発表した「SCOUTER」は、ソニーのディスプレイモジュールにミズノの開発するアイウェアおよびアプリを組み合わせた製品です。

アイウェアはフレーム部を日本人の顔にフィットするフレキシブルな構造とし、鼻の高さに合わせて交換できるパッドを採用。「ランニング時の快適なかけ心地を追及」したとのこと。また、ディスプレイモジュールを取り外して通常のサングラスとしても使用できます。

並行して開発中の専用アプリではコースマップ、ランニングの距離や時間、消費カロリーといった一般的な項目にくわえ、ゴーストランナーの表示も可能。さらに GPS 情報を利用したゲームや SNS 連携など、楽しみながら身体を動かすための機能も備えます。

ミズノは現在 SCOUTER の開発を進めている段階ですが、2015年中の発売を目指すとのこと。また3月13日から開催の「横浜マラソン EXPO 2015」に SCOUTER のデザインコンセプトモデルを展示します。

これまでも、音声でペース指示をするスマートフォンアプリなどはありました。しかし音声メッセージでペースをキープするのと、SCOUTER で目の前を走る映像(ゴーストランナー)に合わせて走るのでは、走りやすさが大きく違いそうです。

また SCOUTER は SNS を通じたテキストメッセージを表示できるため、競技中のランナーに対してコーチから

「 もう少しペースアップ!ヽ(#`Д´)ノ 」

といった指示が飛んで来るようになるかもしれません。