マイクロソフト Surface 3 対 Surface Pro 3 詳細仕様比較。ペン対応と最新世代Atom x7採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年04月1日, 午後 03:28 in atom x7
0シェア
FacebookTwitter
Other

マイクロソフトが発表した Surface 3 と、販売中の上位版 Surface Pro 3 との仕様比較をお届けします。

Surface 3 は10.8インチ1920 x 1280ピクセルの液晶ディスプレイを備えたWindows タブレット製品。3からは上位版 Pro 3と同じく、筆圧感知もできる Surface Penに対応しました。画面の縦横比も、紙の書類に近く手書きしやすいという3:2に変わっています。

前モデル Surface 2 がNVIDIA Tegra 4 プロセッサでWindows RT だったのに対して、Surface 3 はインテルの最新4コアAtomプロセッサ Atom x7を採用。OSも 上位のSurface Pro 3と同じフルバージョンのWindows 8.1を搭載し、Pro 3 の小型廉価版に近い位置付けになりました。続きの仕様表では、参考のため Surface 2 も並べてあります。



Surface 2 Surface 3 Surface Pro 3
画面解像度 1920 x 1080 (16:9) 1920 x 1280 (3:2) 2160 x 1440 (3:2)
画面サイズ 10.6インチ 10.8インチ 12インチ
ペン入力 非対応 Surface Pen 別売り
(N-Trig デジタイザペン、筆圧感知)
Surface Pen 付属
(N-Trigデジタイザペン、筆圧感知)
プロセッサ NVIDIA Tegra 4 インテル Atom x7-Z8700
(Cherry Trail, 4コア 1.6GHz 〜バースト時最大2.4GHz, 2MBキャッシュ)
インテル Core i3 / i5 / i7 (Haswell, 2コア)
GPU NVIDIA GeForce GPU(Tegra統合) Intel HD Graphics (実行ユニット数16) Intel HD Graphics 4200 (Core i3) /4400 (Core i5) /5000 (Core i7)
メモリ 2GB 2GB /4GB 4GB (〜128GB) / 8GB (256GB〜)
ストレージ 32GB / 64GB 64GB (2GB RAM)
128GB (4GB RAM)
64GB (Core i3)
128GB or 256GB (Core i5)
256GB or 512GB (Core i7)
ワイヤレス 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
ポート類 フルサイズUSB 3.0
HDビデオ出力

マイクロSDスロット
ヘッドセット端子
Cover Port

フルサイズUSB 3.0
ミニDisplayPort
(外部ディスプレイ出力は1つまで)

マイクロSDスロット
ヘッドセット端子
Cover Port (キーボードカバー接続用)

マイクロUSB 充電ポート
フルサイズUSB 3.0
ミニDisplayPort (複数ディスプレイ対応)

マイクロSDスロット
ヘッドセット端子
Cover Port
カメラ・スピーカー 前面3.5MP / 背面5MP

Dolby sound ステレオスピーカー
前面3.5MP / 背面8MPカメラ

Dolby audio ステレオスピーカー
前面5MP / 背面5MP

Dolby sound ステレオスピーカー
バッテリー駆動時間 〜10時間(動画再生) 〜10時間(動画再生) 〜9時間(ウェブブラウズ)
OS Windows RT 8.1 Windows 8.1
(Windows 10無料アップグレード)
Windows 8.1
(Windows 10無料アップグレード)
キックスタンド固定 2段階 3段階 多段階
本体寸法 275 x 173 x 8.9mm 267 x 187 x 8.7mm 292.1 x 201.4 x 9.1mm
重量 676g 622g (WiFi) / 641g (LTE) 800g
価格 税別4万6080円 (32GB) 〜 5万6366円 (64GB) 国内マイクロソフトストア価格、4月1日現在在庫切れ

499ドル〜
(2GB RAM / 64GBストレージ)

599ドル〜
(4GB RAM / 128GBストレージ)

LTE版は後日。

追記:5月19日に国内発表

一般向けはLTE版のみ。Office Home & Business Premium つき。

2GB RAM / 64GBストレージで税別8万1800円(税込み8万8344円)。

4GB RAM / 128GBストレージで税別9万1800円。

法人向けは Office なし、WiFi 4GB RAM / 64GBストレージで税別6万万8800円から。
税別9万1800円 (Core i3, 4GB RAM, 64GBストレージ)〜税別20万2800円( Core i7, 8GB RAM, 512GB) 国内マイクロソフトストア価格、2015年4月1日現在。

2015年6月1日より価格改定。一般向けは1万5000円〜3万6000円値上げ。

Surface 3 は上位版 Surface Pro 3と同じ Surfaceペンに対応しましたが、Surface Pro 3とは違い本体に同梱ではなく別売りです。国内マイクロソフトストア価格では、Pro 3 オプションとして税込5378円。ボタンを押すと、ロック状態からでもOneNoteの新規メモが開き解除せずすばやく書けるBluetooth LE技も健在です。

Surface 3 はシリーズで初めてマイクロUSB充電に対応。Surface 2 と Pro 3 はそれぞれ互換性のないACアダプタが付属しますが、Surface 3 はUSB電源アダプタ同梱です。​

Surface の特徴である磁石合体キーボード兼カバーは、Surface 3 用には物理キーボードのタイプカバーのみ用意。米国価格は約130ドル。Pro 3 のタイプカバーとサイズは違いますが価格は同じです。

Surface 2 のタイプカバー、タッチカバーも接続して使えることは使えますが、本体のサイズが微妙に変わったため、カバーとしては縦を覆いきれなくなります。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: atom x7, microsoft, surface, surface 2, surface 3, surface pro 3
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents