アップルが開発者向けに iOS 8.4 ベータの提供を開始しました。更新点の目玉は、「ミュージック」アプリが機能を多数追加しデザインを一新したこと。

ミニプレーヤーを表示したままライブラリをブラウズできたり、次に再生する曲を簡単に追加したり順番を変えられる再生キューなど、気の利いた音楽プレーヤならば備えている機能にようやく対応します。



主な変更点は、

・「ライブラリ」「プレイリスト」「ラジオ」の三画面レイアウト採用
・最近追加した曲・プレイリストを目立つようライブラリのトップに表示
・​ミニプレーヤーの追加(再生中の曲やコントロールが画面を遷移しても表示される)
・常に表示されるグローバルサーチアイコン
・「Up Next」(次の曲)。Now Playing (再生中)画面からUp Next アイコンを押すと、再生履歴とこれから再生する曲のキューリストを表示。ドラッグで並び替えなど。ライブラリから簡単にキューに追加。
・iTunes Radio のデザイン一新
・プレイリストに自前のアートワークと説明追加
・アルバムタップで直接アルバムを再生

など。

なおアップルは買収した Beats Music をもとに新たな定額制ストリーミング音楽サービスを開始し、iTunesに統合すると見られていますが、今のところBeats 関連と思われる新機能は見当たりません。


[Image credit: 9to5Mac]