新型 Google Glass を協力開発中、レイバンやOakleyのアイウェアメーカーLuxotticaが明かす

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年04月27日, 午後 12:33 in google
0シェア


アイウェアメーカー Luxottica のCEO Massimo Vian 氏が、Googleと協力して Google Glass の新モデルを開発中であることを明らかにしました。

Luxottica はイタリアに本拠地を置く世界最大のアイウェアメーカー。レイバンやOakleyなど、著名なサングラスや眼鏡ブランドの多くを所有する巨大グループです。





Googleがスマートグラス Google Glass の試作品を初公開したのは2012年。2013年には少数の開発者にテスト用の Explorer Edition として1500ドルで限定販売を開始しました。続いて販売対象をスマートグラスの活用法を模索する多分野のユーザー( "Explorer" )に広げましたが、2015年の1月にはベータプログラムの終了を宣言し販売も停止しています。

プロトタイプの有料テストを終了したことから「Google は Glass から手を引いた」的な解釈もありますが、Google はテストで得られた知見をもとに、将来の市販に向けて Glass の開発を継続することを明らかにしています。



参考リンク先の Wall Street Journal によれば、先週4月24日に開かれた Luxotticaの総会で、Vian氏はLuxottica が Google と協力して Google Glass 「バージョン2」の開発に携わっていることを明かしたとのこと。Luxottica は昨年、「バージョン1」にあたる初代 Google Glass が販売されていた時期にも、フレームの開発でGoogleと協業することを発表しています。

興味深いのは、「Googleではバージョン3をどのようなものにするか再検討している」とVian氏が発言したこと。つまり現在準備中というバージョン2よりさらに先のモデルがすでに想定されており、そこに何らかの方針変更または検討があったことになります。

二代目あるいは三代目 Google Glass のデザインや仕様、初代からの変更点についてはまったく情報なし。しかし Google Glass がExplorer Programの終了に伴い先端技術研究部門 Google X を離れ、Tony Fadell 率いる新事業部門に移管された際、Fadell は Google Glass を一から再設計すると語っています。




Luxotticaが協力するバージョン2がこの「一からデザインしなおし」だとすれば、バージョン3はその市販版や産業用などバリエーションにあたるのかもしれません。なお、Googleは Glass の市販化に向けて開発中であるものの、新バージョンについては初代の Explorer Programのような公開ベータテストは実施しない方針です。

次世代 Google Glassについてのうわさとしては、昨年WSJは匿名の関係筋による話として、インテル製プロセッサを採用して2015年に発売予定と伝えていました。Luxottica は Googleに協力する一方、インテルともパートナーシップを発表してウェアラブル製品を開発中です。




TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: google, google glass, luxottica, massimo vian, oakley, ray-ban
0シェア

Sponsored Contents