auが8インチタブレットQua Tab発表、Snapdragon 615を搭載した京セラ初の8インチタブレット

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2015年05月14日, 午後 12:08 in au
0シェア
FacebookTwitter


au2015年夏の新製品の隠し球的な存在となりそうなのが、京セラ初のタブレットとなるQua tab(キュア タブ)。SoCにはまだ採用モデルが少ないクアルコムのSnapdragon 615(MSM8939)を、ディスプレイパネルには8インチWUXGA(1920×1200ドット)液晶を採用します。

発売予定は7月中旬で、本体カラーはプロモカラーとなるホワイトに加え、ピンクとネイビーの3色。本体サイズは縦長にした状態で125×214×7.9mm (幅×高さ×厚さ)、重量は約298gです。



特徴は冒頭でも紹介したように、SoCとしてSnapdragon 615を搭載する点。上位モデルであるSnapdragon 810などと同様に、高性能な4コア+電力効率重視4コアで計8コアとなるCPU部がポイントです。
OSも同時発表された京セラ製スマートフォン群と同様に、他社に先んじてAndroid 5.1を採用するため、新規性という点では注目度が高いモデルとなります。



また、IPX5/7の防水性能とIP5Xの防じん性能により、さまざまなところで使えるのもポイント。キャッチコピーにも「使う場所広がる、安心の防水タブレット」という一文が入っており、水回りでも使える安心感をアピールします。さらにバッテリーは、昨今の8インチタブレットとしても比較的大きめな4000mAhを確保するのもポイントです。



一方で機能は比較的控えめ。例えばカメラはタブレットということもあってか、背面側が約500万画素、正面側が約200万画素ですし、テレビチューナーなども搭載しません。こうしたあたりは比較的シンプルにまとめている印象。上写真はロゴなどのない試作機の背面ですが、タブレットとはいえシンプルそのものと言えそうです。

通信面ではWiMAX2+対応ではあるものの、LTE速度は下り150Mbpsまで。キャリアアグリゲーション(CA)とVoLTEにも非対応という仕様です。

主な仕様は、
  • プロセッサ:クアルコム Snapdragon 615 MSM8939(1.7GHz 4コア+1.5GHz 4コア、計8コア)
  • ディスプレイ:8インチ WUXGA(1920×1200ドット)液晶
  • RAM:2GB
  • 内蔵ストレージ:16GB
  • OS:Android 5.1 Lollipop
  • Wi-Fi:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 背面カメラ:約500万画素
  • 前面カメラ:約200万画素
  • 本体サイズ(縦長状態):125×214×7.9mm (幅×高さ×厚さ)
  • 重量:約298g
  • バッテリー容量:4000mAh(交換不可)
  • 本体カラー:ホワイト、ピンク、ネイビー
  • その他:防水、防じん対応

といったところ。



Qua tabは、京セラとしては初となるタブレット、さらにSoCにはSnapdragon 615を採用ということで、ガジェット好きからはいろいろな意味で注目されそうなモデル。機能と性能のバランス的にも、派手な機能は控えつつも液晶パネルは比較的高解像度で、さらに防水、防塵性能をキープと、良い意味で京セラらしいそつのなさが見えます。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: au, au2015summer, KDDI, kyocera, Qua tab
0シェア
FacebookTwitter