シャープがau向けスマホAQUOS SERIE SHV32発表、5インチの小さめ本体にSnapdragon 810搭載

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2015年05月14日, 午後 12:18 in aquos
0シェア
FacebookTwitter


auの2015夏スマートフォン新製品の中で、シャープ製モデルは1機種。5インチフルHD(1920×1080ドット)液晶パネル+Snapdragon 810 SoCを搭載するハイエンドクラスモデルのAQUOS SERIE SHV32です。発売予定は6月中旬で、本体カラーはプロモカラーとなるグリーン、ホワイト、ピンクの3色。本体サイズは縦長にした状態で70×132×9.6mm (幅×高さ×厚さ)、重量は134g。

こう聞くと、昨日発表されたドコモ向けモデルAQUOS ZETA SH-03Gのau版では? という疑問が浮かびますが、実は液晶パネルの大きさから異なるau専用モデル(SH-03Gは5.5インチ液晶)。実際にSH-03Gは76×141×8.3mmで約150gと、本機のほうが一回り小さく、軽くまとまっています。




心臓部にはクアルコムのSnapdragon 810ことMSM8994を搭載。性能の高い4コアと電力効率の高い4コア、計8コアとなるCPU部と、強力なGPU部を備えます。Androidのバージョンは5.0.2、メインメモリも3GB、内蔵ストレージは32GBと、基本仕様は現行ハイエンドモデルとして十分な水準。





液晶パネルはシャープ製だけあり、もちろんIGZO(ベースのTFT)を採用し、省電力性能と画質のバランスをアピールします。もちろんシャープが積極的に採用する狭額縁デザイン「EDGEST」を採用します。テレビチューナーはフルセグ、ワンセグに対応し、それぞれで録画もサポートします。

カメラはSH-04Gと同じく、さらに微速度動画撮影機能として、210fpsで撮影し、2100fpsで再生するスーパースロー映像モードを新たに搭載した点がポイント。細かな動きを見たいシーンの撮影に威力を発揮します。
この機能に関してはSH-03Gでの動画がありますので、下記記事をぜひ参照ください。

動画:ドコモ AQUOS ZETA SH-03G に210fps撮影機能、スーパースロー映像デモ




シャープが注力するエージェント機能「エモパー」も、ユーザーがキーワードを登録すると、それに合わせたテーマを話すなど強化されました。

通信面はWiMAX2+と下り225MbpsのLTEに対応。もちろんキャリアアグリゲーション(CA)、VoLTEにも対応します。

主な仕様は、
  • プロセッサ:Snapdragon 810 MSM8994(2GHz 4コア+1.5GHz 4コア、計8コア)
  • ディスプレイ:5インチ フルHD液晶(1920×1080ドット)、IGZO採用
  • RAM:3GB
  • 内蔵ストレージ:32GB
  • OS:Android 5.0.2 Lollipop
  • Wi-Fi:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 背面カメラ:約1310万画素(光学手ブレ補正付き)
  • 前面カメラ:約210万画素
  • 本体サイズ(縦長状態):70×132×9.6mm (幅×高さ×厚さ)
  • 重量:134g
  • バッテリー容量:2600mAh(交換不可)
  • 本体カラー:グリーン、ホワイト、ピンク
  • その他:防水対応、おサイフケータイ対応、NFCリーダー搭載、ワンセグ/フルセグチューナー搭載

といったところ。



他社のSnapdragon 810搭載モデルはハイエンドということもあり、比較的大きな液晶パネルを搭載する機種が主流ですが、その中にあって5インチ、さらに狭額縁設計でコンパクトな本機はなかなか面白い存在です。

反面、バッテリー容量が2600mAhと少なめではありますが、auの2015年夏モデルの中でもちょっと気になるモデルとなりそうです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aquos, aquos phone, aquos serie, AQUOS SERIE SHV32, au, au2015summer, kddi, kddi au, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents