高級志向スマートウォッチ LG Watch Urbane 発売。4万4900円

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年05月15日, 午後 02:01 in android wear
0シェア
FacebookTwitter


金属筐体に革バンドという高級志向のスマートウォッチ LG Watch Urbaneが国内で発売されました。3月のMWC2015で発表された製品。価格は4万4900円(税込)。出荷ステータスは1〜2営業日です。
LG Watch UrbaneはLG初の金属筐体のAndroid Wear端末。昨年発売されたG Watch R と同じく円形の1.3型P-OLED パネルを採用しています。

Android Wearが大幅更新。出先で自宅スマホと通信、手描き絵文字、アプリ高速アクセスなど


アクティブユーザー向けデザインのG Watch R に対し、LG Watch Urbane は「洗練されたコスモポリタンな着用者」(LG)向け。本体の材質はステンレスで、色はゴールドとシルバーを容易。バンドはステッチ入りのナチュラルレザーで、市販の22mmのサイズバンドと交換できます。


(背面側には心拍センサー)

デザイン以外の仕様はG Watch R と変わらず、1.3インチ320 x 320 プラスチック有機EL ディスプレイ、クアルコムSnapdragon 400 1.2GHz プロセッサ、512MB RAM、4GB eMMC、9軸センサ(速度計/コンパス/ジャイロ)、気圧センサ、心拍センサ。Android 4.3 以降の端末と連携可能です。

バッテリー容量もG Watch R と同じ410mAh。本体サイズは45.5 x 52.2 x 10.9mm。IP67 の防塵・防水性を備えます。

日本ではGoole Play Storeで発売中。価格は税込4万4900円。出荷ステータスは「1〜2営業日」と表示されています。

なおグローバルでは単独LTE通信に対応した「LG Watch Urbane LTE」も発表されています。

LG Watch Urbane LTE 実機インプレ。重厚なメタル筐体、VoLTE通話など並々ならぬスマートウォッチ
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android wear, lg, lg watch urbane, SmartWatch
0シェア
FacebookTwitter