ソフトバンク、多機能Androidプロジェクター『モバイルシアター』発表。LTEとバッテリー機能対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年05月19日, 午前 10:10 in android
0シェア
FacebookTwitter


本日のソフトバンクモバイル記者発表会より。ソフトバンクがAndroid搭載モバイルプロジェクター『モバイルシアター』を発表しました。

モバイルシアターはバッテリー駆動の小さなプロジェクターと5型タッチ画面のAndroidスマートフォンが一体化したような製品。ゲームやアプリの画面を表示できるほかLTE通信機能も備え、単体でネット動画サービスなどに接続してコンテンツを見られます。

また6300mAhの内蔵バッテリーは外部機器への給電にも対応するためモバイルバッテリーとしても、またテザリングでLTEモバイルルータとしても機能します。



モバイルシアターのメーカーはZTE。海外ではスマートプロジェクター SPro 2として、米国のAT&T向けに販売しています。

プロジェクターとしての仕様は解像度1280 x 720、輝度200ルーメン、コントラスト比4000:1、最大投影サイズ120インチ (台形補正対応)。画面の反対側に小さなスタンドがあり角度を調節できます。輝度200ルーメンは外部からの給電中。バッテリー駆動中は標準100ルーメンになります。

Android端末としての仕様はSnapdragon MSM8974プロセッサ、2GB RAM、16GBストレージ。OSバージョン4.4.4、Google Playにも対応。5インチHD画面はタッチ対応でアプリの操作ができ、Hulu や YouTube、バンダイチャンネルなどの動画サービスやゲーム、地図、ブラウザ、Officeアプリなど任意のコンテンツを画面そのまま投影できます。



内蔵Androidの画面投影のほか、HDMI入力とMiracast無線ディスプレイに対応。外部機器から有線・無線でコンテンツを飛ばせます。microSDスロットもあり、Androidメディアプレーヤーとしても使えます。

無線は単体でSoftBank 4G および4G LTE網につながるほか、802.11a/b/g/n WiFi 、Bluetooth 4.0対応。最大10台の外部機器に接続できモバイルルータ的にも使えます。

さらに6300mAh内蔵バッテリーは単体で約3時間の投影に対応するほか外部給電にも対応し、モバイルバッテリーでもあります。マルチすぎて何が何だか分かりません。

本体のサイズは13.1 x 13.4 x 33.3mm、重さ約579g。

料金プランはスマートフォンともモバイルルータとも異なる独自のプランを用意します。4G LTEはSIMロック解除にも対応。

発売は9月以降。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, MobileProjector, mobiletheater, softbank
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents