ソフトバンク版 Xperia Z4 発表。キャリアロゴなく『ソニー本来のデザインを邪魔しない』外観

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年05月19日, 午前 10:00 in softbank
0シェア
FacebookTwitter


ソフトバンクはXperia Z4を6月に発売します。ソフトバンク版の特徴はキャリアロゴやFelicaロゴがなく、外観デザインがグローバル版に準ずる点。ソフトバンク担当者は『ソニー本来のデザインを邪魔しない』と他社モデルとの優位性を強調します。
Xperia Z4の特徴は製品の発表記事実機インプレ記事をご覧ください。

ソフトバンク版Xperia Z4の特徴は、外観がグローバルモデルに準ずる点。キャリアロゴやFeliCaマークが無く、担当者によれば『ソニー本来のデザインを邪魔しない』とするほか、プリインストールアプリも他社モデルに比べて少なく抑えたといい、ソフトバンク版Xperia Z4の優位性を強調します。

主な仕様は 5.2インチ1920 x 1080液晶(『トリルミナスディスプレイ』)、Qualcomm Snapdragon 810プロセッサ(2GHz / 1.5GHz)、3GB RAM、32GB内蔵ストレージ、microSDXC対応microSDスロット(最大128GB)。出荷時OSはAndroid 5.0 Lollipop。

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色。

日本独自仕様としてはワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ。通信機能はSoftBank 4G、SoftBank 4G LTEに対応します。

Xperia Z4はNTTドコモやauからも6月中旬に発売予定。今回ソフトバンクが取り扱いを発表したことで、国内大手3キャリア全てから登場することになります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: softbank, SONY, xperia, Xperia Z4
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents