ソニー、光学30倍ズームで世界最小のサイバーショット2機種。180度チルト液晶、XAVC S動画撮影対応

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年05月19日, 午後 04:00 in compact camera
0シェア
FacebookTwitter

ソニーが 光学30倍ズームレンズ搭載デジカメとして世界最小を謳うサイバーショットDSC-HX90V、および DSC-WX500 を発表しました。新開発のツァイスバリオ・ゾナーT*レンズに加えて180度チルト液晶を搭載し、遠くの景色から自撮りまで柔軟に対応します。また動画は XAVC S に対応し、1920x1080/60p、50Mbps での撮影が可能です。
 

 
  
両機種とも「光学30倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジカメとして世界最小」を謳う製品であるものの、その寸法は HX90V が幅102.0 x 高さ58.1 x 奥行35.5mm(重さ218g)なのに対し、WX500 は幅101.6 x 高さ58.1 x 奥行35.5mm(重さ209g)と、わずかに異なります。このため HX90V は「ファインダーおよび光学30倍ズームを搭載するコンパクトデジカメとして世界最小」という扱いになっています。
 
 
HX90V と WX500 の仕様はほとんど同じですが、上位機となるHX90V は特有の仕様として、ポップアップ式の EVF を搭載しています。0.2型、約63.8万ドット有機 EL を備え、屋外の光の反射などで液晶画面が見難いときに効力を発揮します。

ズームレンズの周囲にはコントロールリングを搭載。これを回すことでズームの操作をはじめ、細かい撮影設定も行えます。ほか GPS や HDR 機能、ピクチャーエフェクト系機能を搭載するところなどが WX500 との差別化ポイントとなっています。

両機種共通の特徴は、新開発の光学30倍 ZEISS バリオ・ゾナーT*レンズを採用。焦点距離は35mm判換算で24~720mm。明るさはF3.5~6.4(ワイド端~テレ端)。有効1820万画素の1/2.3型 Exmor R CMOS センサーを搭載し、画像処理エンジンは BIONZ X 。感度は ISO80~3200、マルチショットNRを使用した場合は最大で ISO12800 相当。

オートフォーカスはサイバーショット初というファストインテリジェント AF を採用し、予測精度と合焦精度向上により、約0.09秒の高速AF(CIPA 準拠/内部測定条件 f=4.1mm(ワイド端)/明るさ EV6.8/プログラムオート/AFエリア:ワイド/NTSC モード)となっています。
動画撮影機能は XAVC S、AVCHD、MP4 形式に対応。最大ビットレートは XAVC S で 50Mbps、AVCHD および MP4 は28Mbps。いずれも最大1920x1080/60p。

動画撮影での便利機能として5軸手ぶれ補正機能(インテリジェントアクティブモード)を搭載し、動く被写体もスムーズに撮影。動く被写体の軌跡を残しつつ撮影する「モーションショット」機能なども備えます。

WiFi は802.11b /g /n(2.4GHz)。NFC搭載。記録メディアはSDカード(SDXC UHS-I 対応、Eye-Fi 対応)およびメモリースティック PRO/POR-HG デュオ。HDMI マイクロ端子は4K静止画出力に対応。3型約92.1万ドットの液晶画面は180度チルト可能。

ほか、付属のバッテリー(NP-BX1)による撮影枚数/使用時間は HX90V が液晶画面使用で約390枚 / 約195分。EVF では約360枚 / 約180分。WX500 は約400枚/約200分。

本体カラーは HX90V がブラックのみ。WX500 にはブラックのほかレッドとホワイトがラインナップされます。

両機種とも発売日は6月5日。オープン価格ですが、ソニーストアでの税抜価格は HX90V が5万4880円。WX500 は4万2880円。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: compact camera, CompactCamera, cyber-shot, cybershot, dsc-hx90v, dsc-wx500, HX90V, SONY, WX500
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents