KFCがシート状Bluetoothキーボードを配布。スマホを脂で汚さない『Tray Typer』

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年05月20日, 午後 02:30 in bluetooth
0シェア
FacebookTwitter
 
ドイツのケンタッキーフライドチキンが、商品を乗せるトレイに敷くシート上の Bluetooth キーボード「Tray Typer」を開発しました。これさえあれば、チキンを食べながらメールや SNS に投稿してもスマートフォンの画面が脂まみれになりません。
 
 
 
Tray Typer はドイツで新規開店したケンタッキーフライドチキンの店舗が、1週間限定のサービスとして配布した販促グッズ。薄くてもきちんとキーボードとして動作するため、脂のついた手でスマートフォンやタブレットをさわることなく文字入力ができます。

シートの厚さはわずか0.4mm。飲み物をこぼしてもある程度大丈夫なように耐水性能も備えます。バッテリーはやや厚くなっているシートの左端部分に内蔵し、充電用の USB 端子も備えます。

開発に関わった広告会社 Gute Werbung によると、このキャンペーンは好評を博し、ほとんどの客が Tray Typer を持ち帰ったのだとか。

ちなみに日本のケンタッキーフライドチキンも昨年、キャンペーン品として USB キーボード、USBマウス、USBメモリーなどを作っていましたが、ドイツの例に比べてその訴求効果は如何ほどだったのかが気になるところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bluetooth, BluetoothKeyboard, friedchicken, germany, kentucky fried chicken, keyboards, kfc, TrayTyper
0シェア
FacebookTwitter