フィリップスの音響機器を扱うオンキヨー&パイオニアイノベーションズが、Fidelio シリーズ初のノイズキャンセリングヘッドホン Fidelio NC1 の国内発売を発表しました。

発売時期は6月上旬。価格はオープン。店頭での予想実売価格は税込3万2200円前後。
 

 
 NC1は Fidelio シリーズ初のアクティブノイズキャンセル機能搭載ヘッドホン。左右ハウジング外側に配置したマイクで外部の中域~高域ノイズを、内側のマイクでは低音域のノイズを検知。独自開発のノイズキャンセル回路でそれらを反転した信号を生成し、耳に入る騒音を打ち消します。ノイズキャンセリング性能は最大25dBで、フィリップスは「クラス最高レベル」と胸を張ります。

ヘッドバンドは持ち運びに配慮し、折りたためる機構を採用。本体の重さも約191gと軽めにできています。さらに人間工学に基づいたイヤーパッドは低反発フォームを採用し、長時間のリスニングにも疲れにくいとしています。
 
 
ノイズキャンセル回路を駆動するバッテリーの駆動時間はは約30時間。これだけあれば海外旅行など長時間のフライトでも、途中で充電することなく使用できそうです。なお充電はUSBケーブルを使い、約2.5時間で完了します。

ヘッドホンとしての仕様は 40mm径のネオジウムドライバーを採用し、再生周波数帯域は7Hz~2万5000kHz。インピーダンスは16Ω。感度は107dB。最大入力は150mW。

付属品として航空機用アダプター、リモコンマイク付きオーディオケーブル、充電用USBケーブル、キャリングケースを同梱します。

ちなみにフィリップスは海外ではすでに NC1 の Lightning 接続版 Fidelio NC1L も発表済み。こちらの国内発売にも期待したいところです。