開発者イベント Google I/O 2015より。Googleは1600万画素までの写真と1080pまでの動画を無料で無制限に保存できる「Google Photos」を発表しました。特徴は枚数無制限の保存、共有、編集機能など。本日より利用可能。


Google Photosは、Google+の写真機能をスタンドアローンのサービスとして切り分けたもの。主な特徴は1600万画素までの写真と、1080pまでの動画を容量制限なく無料で保存できる点です。

なお写真を圧縮せずに元のサイズで保存することも可能。その場合はGoogleドライブの占有ストレージ(15GBまで無料)にカウントされます。下記が枚数無制限の「高品質」で保存した写真と、無圧縮の「元のサイズ」で保存した写真の比較です。この写真からは違いはあまり読み取れません。



写真はすべての端末から自動的にアップロードされ、クラウドなのでどの端末からでも写真を閲覧できます。

写真は人物やその他被写体、ジオタグなどで自動的に整理され、『犬』と検索すれば自動的に犬の写真、『娘の誕生日パーティー』と検索すればその写真がヒットするなど、面倒なタグやラベル付け作業をする必要はありません。

また写真は明るさや色調調整のほか、+アイコンのワンタッチでストーリーやアニメーションムービーを作れるなど、編集機能も充実しています。その他、共有機能も充実しており、TwitterやFacebook、WhatsAppを含むさまざまなサービスに写真を共有できます。

Google Photosは Android / iOS およびWEBにて本日から提供が開始されています。

(更新中)