ASUS ZenWatch 2公開。大小2サイズ、側面ボタン追加、本革や金属など多彩なバンド用意

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年06月1日, 午後 07:11 in asus
0シェア
FacebookTwitter


台湾で開催中の国際コンピュータ見本市 COMPUTEX TAIPEI 2015 より。ASUSは明日の正式開幕に先駆け、OSにAndroid Wearを搭載した新型スマートウォッチ ZenWatch 2 を公開しました。

主な特徴は大小2つのサイズバリエーションがあること、ラバーや本革、金属など多彩なリストバンドを用意した点です。



初代 ZenWatchは去年9月に発表されたASUS初のスマートウォッチです。

その後継となるZenWatch 2は、外観は初代ZenWatchにとても良く似ています。主な違いは側面にボタンを備える点。このボタンはApple Watchのデジタルクラウンのように回転させる操作はなく、押しこむボタンです。(初代にも電源断や強制終了に使うボタンはありましたが、裏面にあり通常触るものではありませんでした。)

ディスプレイは初代と同じく湾曲したAMOLEDスクリーンで、ゴリラガラス3に覆われています。プロセッサはクアルコム製。


(初代ZenWatch と ZenWatch 2 (大)比較。バンドはどちらも22mmながら、画面は2(大)のほうがやや大きく見える)


ZenWatch 2では、Apple Watchのように大小2サイズを用意。大きいモデルはリストバンド幅が22mm、小さいモデルは18mmです。

カラーはシルバー、ガンメタル、ローズゴールドの3色。またストラップはゴムや革、金属製など多彩で、ASUS担当者はサイズ、カラー、リストバンドの組み合わせによるバリエーションの豊富さをアピールします。





なおZenWatch 2はCOMPUTEXでは参考展示という扱い。詳しい仕様や価格は公開されておらず、会場の担当者によれば9月のIFA 2015で詳細が明かされるそうです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, computex taipei 2015, home-dl, SmartWatch, zenwatch 2, zenwatch2
0シェア
FacebookTwitter