耳栓型の『環境音イコライザ』 Here 発表。周囲の音をリアルタイム調整するイヤホン

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年06月5日, 午前 08:02 in Doppler Labs
0シェア
FacebookTwitter

ニューヨークを拠点とする Doppler Labs が、ユーザーの周囲で聞こえる音をリアルタイムで調整できるイヤホン「Here Active Listening System」を発表しました。イヤホンと言っても iPod などで音楽を聴くためのものではなく、ユーザーに聞こえるすべての音を「整理」することを目的としたデバイスです。
 
Hereは現在クラウドファンディングサービスKickstarterで、製品化のため出資を募集しています。
 

Here の動作原理はヘッドホンのノイズキャンセル機能とほぼ同じです。しかし DSP をノイズキャンセルだけでなくその他の環境音の調整にも使うところが Here の特徴といえます。たとえば飛行機内でジェットエンジンの騒音を消すといった使い方はもちろん、目の前で演奏されている音楽のベースラインを強調したり、音楽そのものにエコーやリヴァーブをかけてライブ感を出すといったことができます。
 
 
音の調整は専用のスマートフォンアプリで行います。4種類のプリセット調整モードがあり、Live Music モードではイコライザーやベースのブースト、リヴァーブ機能が使えます。また Airplane モードはジェットエンジン音や赤ちゃんの泣き声などを消す機能、Office モードはうるさい空調の音や周囲の話し声を消す機能、そして City モードには自動車や地下鉄での騒音除去機能などを用意します。

一方、マニュアル設定モードでは周囲の音全体の音量調節機能や音楽プレーヤーアプリ同様のライブグラフィックイコライザー機能、リヴァーブに加えフランジャーやエコーなどを揃えたエフェクト機能などが使えます。さらにそれらを組み合わせたプリセットフィルター機能も用意します。

リアルタイムで耳に届く音にデジタル処理を加えるとなると、その音に遅延が発生しそうな気もします。しかしDoppler Labsによると、遅延時間は人間が感知できる30マイクロ秒よりも短く抑えられるとのこと。
内蔵バッテリーによる連続使用時間は約6時間。専用の収納ケースが充電器を兼ねています。

Kickstarter キャンペーンで Here を1セット入手するのに必要な金額は179ドルから。記事執筆時点ですでに合計出資目標額25万ドルには到達済み。出資者数は1150人ちかくに達しています。

プロジェクトが掲げるスケジュールどおりに製品化が進めば、出荷は今年12月ごろ。しかし、プロジェクトは出荷先を米国内に限っており、日本への発送は受け付けていません。

ちなみに Kickstarter のキャンペーンページには、オーストラリア在住で Misophonia(音恐怖症)に苦しむ人が、国外発送をリクエストするコメントを寄せたりしています。クラウドファンディングではユーザーからのリクエストに応じ仕様の追加変更や、条件の変更などをするケースはよくあります。もしも Here が自分に必要だと思ったら、ダメもとでリクエストしみてもいいかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Doppler Labs, dsp, earbuds, Equalizer, here, Here Active Listening, kickstarter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents