サンディスクがUSB-C端子搭載メモリを7月発売、タイプA兼用デュアル端子型

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2015年06月17日, 午後 03:00 in Sandisk
0シェア
FacebookTwitter


サンディスクが、USB タイプC(以下、USB-C)端子を搭載したUSBメモリ『サンディスク デュアル USB ドライブ Type-C』を発表しました。容量は32GBの1モデルのみで、予想実売価格は1万円前後。出荷開始は7月からとなります。

モデル名にデュアルという文字があるのは、USB 3.0タイプAコネクタも装備したデュアルコネクタ仕様であるため。もちろんタイプCコネクタ側の内部端子はUSB 3.1仕様で、公称データ転送速度は最高60MB/秒です。


位置づけとしては、今後登場するUSB-Cに対応したAndroid機とPC間でのデータ転送を前提としたモデル。現状で日本ではUSB-C端子を搭載したスマートフォンやタブレットは未発売ですが、海外ではいくつか登場していることから登場は遠くないものと思われます。本機はそうしたトレンドを先取りした製品です。



なお、本製品の発表会では、USB-C端子搭載スマートフォンのサンプルとして中国LeTVの『X600』が展示されました。



またAndroid機とのデータ交換用ということで、サンディスク製Android用ファイル管理ユーティリティ『サンディスク メモリーゾーン』にも対応。同アプリをGoogle Play経由でダウンロードすることで、ファイルのコピーや移動、バックアップなどが手軽に行えます。



本体サイズは42.76×12.71×18.80mm(長さ×幅×厚さ)。写真から見てもわかるように、デュアル端子タイプとしてはコンパクトな点も特徴。さらに未使用側の端子は、旋回型のカバーで保護される形状です。



現状では、USB-C端子を搭載した機器が実質上新Macbookのみとなることから汎用性という点では劣る感もありますが、USB-CのメリットはAndroid機でも大きいことから、今後増えることはほぼまちがいない趨勢。
サンディスクのこのタイミングでの製品投入は、そうした市場へ向けての伏線的なところもありそうです。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Sandisk, Sandisk dual USB drive type-c, USB 3.1, usb-c
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents