Google、イスラム教徒向けのラマダン情報サイトを公開。断食月を過ごしやすくする情報を提供

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年06月22日, 午前 10:30 in android
0シェア
FacebookTwitter
 
Googleが、世界に16億人とも推定されるムスリム(イスラム教徒)に向け、ラマダン(断食月)に関する情報サイト My Ramadan Companion を公開しました。

ユーザーの住む地域にカスタマイズされた日の出/日の入り時刻からラマダンに関するローカルな情報、ラマダンを扱った連続ドラマへのリンクなどさまざまな情報を提供します。
 
  
ラマダンといえば、イスラム教徒のこよみ「ヒジュラ暦」における第9の月のこと。日の出から日の入りまでの間、一切の飲食や喫煙などを断つのがラマダンのならわしです。

My Ramadan Companion サイトでは、画面右上に日の出/日の入り時刻を表示し、食事ができる時間を知らせます。ほかにも Google マップと連携して近場のレストランの位置や周辺の交通情報、さらにラマダン月の初期時イフタールのレシピ、断食中の健康管理に関する情報、ラマダンがテーマの連続ドラマまでが集められています。
 
 

世界に広がるムスリムのため、My Ramadan は英語、アラビア語、トルコ語、インドネシア語、マレー語で提供されます。残念がら日本語はありません。

My Ramadan Companion の一部として、スマートフォンアプリ Google Now でもラマダンに関するカードとして関連の最新情報を確認することができます。

他にも、Google Play では「2015年のラマダン」と題して、時計/カレンダー、ゲーム、レシピなどのラマダン関連アプリをピックアップ。なかにはラマダン期間中にどれだけ周囲にいいことをしたかを記録するアプリや、コーランの朗読音声が聞けるアプリ、メッカの方向を示すコンパスアプリなども並んでいます。

今年のラマダンは6月18日から始まっており、7月17日までがその期間。おそらくムスリムたちにとって My Ramadan Companion は、期間を通じて細かい情報をチェックしつつ、自分のすべきことに集中できる便利ツールであるに違いありません。

蛇足ですが、ラマダンはたびたびサッカーなどスポーツの国際大会期間と重なってしまい、イスラム圏の選手たちにとってはハンデとなることもあります。日本のスポーツ界でもたとえばエジプト出身の 大砂嵐 関 は、たとえ場所中であってもラマダンを実行していることで知られる力士。明日6月20日からは大相撲名古屋場所が開幕します。大砂嵐 関 は、ラマダン開始前日の6月17日に桃狩りへ行き野獣と化した模様なので、今場所での活躍に期待したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, app, fasting, google, googlenow, internet, mobilepostcross, my ramadan companion, ramadan, software
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents