クリエイティブメディアが、多機能USB-DAC製品 Sound Blaster X7 の高出力モデル Sound Blaster X7 Limited Edition を発表しました。

144Wの高出力電源アダプターを付属し、パッシブスピーカー出力をアップしました。さらにヘッドホン出力もインピーダンスを変更。カスタム IEM など高感度低インピーダンスなイヤホンにも対応し、従来よりも幅広いイヤホン/ヘッドホンでパフォーマンスを向上したとしています。
 

 2014年に発売した Sound Blaster X7 はPCと接続して使うだけでなく、DVD/BDプレーヤーやプレイステーション 4 などのゲーム機、さらに Bluetooth によりスマートフォンやタブレットでも使用可能な「ウルトラハイエンドモデル」を自称します。

DACチップはバーブラウン PCM1794。192kHz/24bitハイレゾ音源の再生に対応し、ニチコンのFine Goldコンデンサなど高級オーディオ向けのパーツを使用します。オーディオプロセッサーには独自のマルチコアプロセッサー SB-Axx1 を搭載し、MP3など圧縮音楽データのダイナミックレンジ最適化処理や臨場感あるサラウンド再生等に対応します。

内蔵アンプによりパッシブスピーカーの駆動が可能。ドルビーデジタル採用のDVDやゲーム機でサラウンドを楽しむ場合は5.1chのアンプ内蔵スピーカーを使用します。また本体にはマイクも内蔵しており、ボイスチャット等に対応。ボイスチェンジャー機能なども備えます。
 

Limited Edition での強化ポイントは電源アダプターの出力。従来モデルでは4Ωのパッシブスピーカー接続時、最大出力 38W x2、計76W だったところを 50W x2、計100W にパワーアップしています。なおスピーカーは4Ωまたは8Ωのものが使用できます。

さらに本体に2つ備えるヘッドホン出力のインピーダンスは、ともに2.2Ωから1Ωとなり、最大600ΩというハイインピーダンスヘッドホンからカスタムIEMなど高感度かつ低インピーダンスなヘッドホンまで、幅広く対応可能としています。

これらの機能アップにより、Limited Edition は従来モデルに比べ、スピーカー使用時、またヘッドホン使用時いずれの場合もさらに迫力のあるサウンドが期待できそうです。

発売日は6月下旬。オープン価格。クリエイティブの直販サイトでは税抜価格5万5000円で注文を受け付けており、記事執筆時点での発送予定日は6月30日以降となっています。

ちなみに、クリエイティブは従来のSoud Blaster X7 ユーザーにもパッシブスピーカー出力を最大 50W x2 に強化する「Sound Blaster X7 Power Adapter Upgrade Kit」を用意しています。こちらの直販価格は税抜1万2800円。ただし、電源プラグはアース付き3ピン仕様なので、一般家庭に多い2ピンプラグのコンセントに差し込むには変換アダプターが必要となります。またアース線は必ず接続せよとのこと。