NTTドコモは、2015年夏モデルのスマートフォン・タブレットを『2年前モデル』と比較する特設サイトを公開しました。端末代金を毎月の通信費から割引く「月々サポート」が購入後2年で終了することに合わせ、端末の買い替え需要を狙う取り組みです。
『2年前モデル』といえば2013年夏モデルです。

当時を振り返ると、まだiPhoneを取り扱っていなかったNTTドコモは、iPhoneに対抗する看板機種として、Xperia A と Galaxy S4 にPRや端末割引を集中させる「ツートップ戦略」を打ち出しました。

その結果、ツートップのXperia Aなどは記録的セールスを達成した一方、ツートップに選ばれなかったNECなどの国内メーカーは売上減。NECのスマートフォン市場撤退の原因になったとの指摘もあります。



あれから2年が経過し、NTTドコモが公開した特設サイトでは、Xperia AとXperia Z4、Galaxy S4とGalaxy S6など、2年違いの同一メーカーの機種について、CPUや画面解像度、カメラ画素数などのスペックの向上や薄型・軽量化などをアピールしています。

例えばXperia A SO-04EとXperia Z4の比較なら、インカメラの画素数が16倍(31万画素 510万画素)という具合です。XperiaやGalaxyのほか、ARROWSやAQUOSシリーズの比較もあります。

特設サイトへのアクセスはこちらからどうぞ。