Android / iOS版 YouTubeアプリが60fps再生に正式対応しました。画質オプションから60fps再生を選択でき、より滑らかな映像をモバイル端末で楽しめます。


従来YouTube は30fps (fps = 1秒あたりのコマ数)までのサポートでしたが、去年10月にデスクトップ版が60fpsに対応。今年5月にはライブストリーミングで60fpsに対応し、今回ようやくAndroid / iOSアプリが60fpsに正式対応しました。

60 fpsのサポートによって、対応動画ではより滑らかな動画視聴が可能になります。人によってはこの滑らかさを『ヌルヌル』あるいは『バターのよう』とも表現します。

特にビデオゲームでは処理速度の関係から、解像度などを落としても動きを滑らかにするか、画面を豪華にしてコマ数は落とすかのバランスを求められるため、ゲームのプロモーションにもよく使われるYouTubeで60fpsと30fpsの違いが分かるのは重要です。

Android / iOS版 YouTube アプリの60fps対応を告知する公式Google+アカウントでは、60fps再生が可能なゲーム動画「Far Cry 4 walkthroughs」が紹介されています。お手持ちのスマートフォンで是非ご覧ください。(全画面での視聴をお勧めします。なおモバイルネットワーク接続では手動での画質変更が無効化されている場合があります)