米国の巨大搭乗型ロボMegaBot2、水道橋重工のクラタスに宣戦布告。一年後の決闘を申し込む(更新)

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年07月1日, 午後 01:04 in kuratas
0シェア
FacebookTwitter


米国の搭乗型ロボット制作チームMegaBots, Incが、日本の水道橋重工 KURATAS に決闘を申し込みました。

宣戦布告の理由は、当人たちいわく「水道橋!俺たちには巨大ロボットがある。お前たちにも巨大ロボットがある。次に何が必要かは分かるだろう?」。対戦申し込み動画は続きをどうぞ。

MegaBot 2は重量5.4トンのガソリン駆動ロボット。二人乗り複座型で、重量1kgのペイント弾を160km/hで発射する能力を備えます (本人たちの申告による)。



MegaBots側は準備を整えた上で一年後の対戦を申し込んでいますが、水道橋重工公式では現時点で対応を掲載していません。「〜って言ってるけど、どうします?」と問い合わせた結果がありしだい続報でお伝えします。

続報: 一方的に決闘を申し込まれた水道橋重工の担当者によれば、「現状、水道橋重工としては特にコメントはございません。」

一方、クラタスの作者である倉田氏のコメントは:

さすがアメリカ人。

挑戦云々は後にして、その前に言いたい。
日本はなにをやってんだ、、、

こういうのは、日本の巨大ロボ同士が戦って、勝ち残ったヤツがアメリカなりに乗り込むってのが筋だろ、、、。
クラタス作ってから四年も待ってたのに、モタモタしてっからこんな事になるんだよ、、。
オレはマジで悔しい。

ちょっと考えるから待ってろメガボット。

(公式ブログ「なんでも作るよ。」)


や る 気 だ !

続報2:

水道橋重工CEO倉田光吾郎として正式に決闘を受諾。格闘戦で「ブン殴って倒して勝つ」と宣言。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: kuratas, megaBot2, MegaBots, Suidobashi Heavy Industries
0シェア
FacebookTwitter