ロジクールMX Anywhere 2発表。Bluetooth兼用の最上位モバイルマウス

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年07月2日, 午後 01:52 in logicool
0シェア
FacebookTwitter


ロジクールがモバイル向けマウスの新製品 MX Anywhere 2 を発表しました。MX Anywhere (型番 MX1500)は、先日発売されたデスクトップ向けフラッグシップ MX Master の小型版にあたるハイエンド製品。

電池込み106gの軽量小型ながら、Bluetooth とUSBドングルPico Unifying で計3台までの同時接続と簡単切り替え、クリック感ありと滑らか高速スクロールのデュアルモードホイールといった機能を備えます。

MX Anywhere 2 は従来のモバイル最上位マウス Anywhere Mouse M905t の後継にあたるハイエンド製品。Logitech / ロジクールはデスクトップとモバイルのそれぞれにフラッグシップを用意するラインナップを続けていますが、MX Anywhere はデスクトップの MX Master と並ぶ位置付けの製品です。



サイズは長さ100.3mm、幅61.6mm。重量は106g。リチウムポリマー電池を内蔵し、一分充電で一時間、満充電ならば一日6時間の通常使用で最長約2か月使えます。

形状は左右対称ではなく、左側面に右手親指で押す「進む・戻る」を備えます。ほかボタンは左右、中央、カチカチと慣性高速回転を手動で切り替えられるデュアルモードスクロールホイール(チルト対応)。

モバイル向けらしくBluetooth Smart 接続に対応するほか、ロジクールの2.4GHz帯RF接続 Unifying にも対応。USB接続のUnifying ピコレシーバとBluetoothで計3台までの機器と同時接続でき、底面のEasy-switchボタンで接続先を切り替えられます。

対応OSは、Unifying 接続では Windows 7以降 / OS X 10.8以降。Bluetooth Smart では Windows 8.1以降 / OS X 10.10以降。

センサは透明なガラスや反射面でも使えるDarkfield 不可視レーザー式、感度は400dpi 〜 1600dpi を200dpi刻みで設定可。




発売は7月16日、ロジクールオンラインストア価格は税抜1万130円。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: logicool, mouse, mx anywhere, mx anywhere 2
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents