WiFi対応でスリムなUSBメモリ SanDisk Connect Wireless Stick、内蔵電池で4.5時間ストリーミング

Tomohiko Hasegawa
Tomohiko Hasegawa
2015年07月27日, 午前 11:30 in flash drive
0シェア
FacebookTwitter


SanDiskが WiFi対応USBメモリSanDisk Connect Wireless Stick を発売しました。PCやMacには通常のUSBメモリとして使えるほか、iOS、Androidには無線で音楽や動画のストリーミングに対応します。
主な仕様は容量 16GB / 32GB / 64GB / 128GB。USB 2.0接続、802.11n WiFiなど。寸法は77 x 19 x 11mm、重さ 21.76g。




USBポート経由でPCやMacなどからデータをコピーしておけば、ネットが利用できないような環境でも無線LAN対応機器へデータの受け渡しが可能になります。

なお、カタログスペックでは最大4.5時間のストリーミング再生が可能となっていますが、こちらは1台での利用を前提としているため、同時接続で2台や3台と接続台数が増えると再生時間は短くなります。

価格は16GBが29.99ドル、32GBが39.99ドル、64GBが59.99ドル、128GBが99.99ドル。米国では直販サイトのSanDisk.comやAmazon、BestBuy.comなどで販売中です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: flash drive, sandisk, SanDisk Connect Wireless Stick, USB
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents