Googleが店舗の混雑グラフ表示に対応。曜日と時間帯で客入りを事前確認

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年07月29日, 午後 09:40 in google
0シェア
FacebookTwitter


Google がお店や施設の混み具合予測を教えてくれる Popular times 表示に対応しました。Google検索やマップで見られる店舗情報から、曜日と一時間刻みの時間帯ごとにグラフで客入りの多寡を参照できます。

Google は飲食店や施設について、ウェブページや問い合わせ電話番号といった基本情報や、近年は店内をバーチャル下見できるインドアビュー(おみせフォト)、営業時間なども参照できるようにしてきました。新たに加わった混雑時間表示では、時間帯を変えて何度も訪れることなく、事前にグラフで特定曜日や時間の平均的な混み具合を参考にできます。

行ったことのない場所の事前リサーチにはもちろん、一度たまたま入っただけのお店なんだけど、ゆったり落ち着けて店員さんも余裕のある接客でとても良かったよ!と友人を誘って再度訪れたら、店内すし詰めどころか店外に殺伐とした行列ができていた、といった悲劇を回避できるかもしれません。

Googleいわく、混み具合グラフは世界で数百万のビジネスについて提供中とのことですが、Googleサービスの常としてすべてのユーザーに新機能が行き渡るまで時間がかかるため、その場所の情報は提供中でもユーザーから見えない可能性があります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, popular times
0シェア
FacebookTwitter