アップル、iPad mini 4(仮)は iOS 9の画面分割対応? OS X El Capitan ベータからファイル発見

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年08月13日, 午前 12:50 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


うわさの iPad mini 4 (仮) は、iOS 9の新機能 Split View に対応する高性能プロセッサ搭載になるかもしれません。開発者向けベータテスト中の OS X " El Capitan " から、次の世代では iPad mini も二分割マルチタスクに対応することを予測させる設定ファイルやテスト画面が見つかりました。


マルチタスキングは6月のWWDC 2015で発表された iOS 9の目玉機能のひとつ。見た目は似ているもののSlide Over と Split View の二種類があり、対応デバイスも異なります。

Slide Over はひとつのアプリを使っている途中に、もうひとつのアプリをサイドバーのように一時的に重ねて使う機能。操作できるのはスライドオーバーしたアプリだけなので、ウェブサイトを参照しながらメモをとったりメッセージに答えるなど、アプリを切り替えずにすばやく用を済ませる使い方です。こちらは iOS 9対応 iPadならば使えます。

もう一方の Split View は画面を分割して、2つのアプリを並べて操作できる機能。Windowsのスナップのように、どちらのアプリも生きた状態で操作を行き来できます。こちらは現行機種では iPad Air 2 しか対応しません。



9to5mac が El Capitan ベータの Safari から発見したと伝えるのは、現行では iPad Air 2 (大きいiPad)しか対応予定がない Split View 状態の iPad mini でウェブサイトの状態を確認する開発者向けツール。一部の画面では、 iPad mini 3 と書かれているにもかかわらずこの Split View 状態をテストできるようになっています。

Split View が現行では iPad Air 2 しか対応しないのは、プロセッサの性能によるものとされていました。iPad が世代を重ねるごとに中身も強化されるのは当然の流れではありますが、これまでは世代によってわずかな進化しかなかったり、プロセッサ以外の変化が多かったりしたこともあります。

El Capitan の Safari 9から見つかったファイルが一貫性のあるミスでないかぎり、次世代の iPad mini 4 (仮)は少なくともiPad Air 2 以上の性能になること、またアップルは大きい方のiPad以外にもちゃんとしたマルチタスクを提供する意図があると考えられます。

iPad mini 4 (仮) を含む新 iPad は、今年の秋に新 iPhone と前後しての発表が予測されています。iPad mini 4(仮) や Air 3 (仮) はもちろん、うわさだけが続きなかなか実物が出てこない「12インチ大型 iPad 」も今度こそ正体を見せてほしいものです。


[Image credit: 9to5mac and Hamza Sood]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, ipad, ipad mini
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents