サムスンモバイルがニューヨークで開催した Unpacked 2015 イベントより。本日発表を迎えた5.7型ファブレット兄弟 Galaxy Note 5 / Galaxy S6 Edge+ には、物理QWERTYキーボードを追加するアクセサリ Keyboard Cover Case が用意されます。



スマートフォンやタブレット向けのQWERTYキーボード兼カバーといえば、フリップ式カバーの裏が薄いQWERTYキーボードになり横画面(ランドスケープ)で使うものはよく見かけますが、新Galaxy のキーボードカバーは縦画面(ポートレート)で使う製品。

Galaxy Note 5 や Galaxy S6 Edge+ の下半身に装着する、あるいはスリッパのように履かせることで、画面下部が小さなQWERTYキーボードになり、ちょうどBlackBerry のような縦型QWERTYキーボード機に変わります。



詳細な仕様は明らかにされていないものの、製品写真とデモを見る限り、装着すると画面の広さがソフトウェア的に変わり、隠れた部分に必要な物が表示されて困ることは防いでいるようです。画面の下にあるタッチ式ボタンも物理キーに置き換わります。

サムスン Galaxy S6 Edge+ 発表。5.7インチ2560 x 1440 曲面有機ELディスプレイ採用、4GB RAM、SoCはS6同等

サムスン Galaxy Note 5 発表。5.7インチ2560 x 1440有機ELディスプレイと4GB RAM搭載。S-Pen対応のマルチタスク強化機