Appleが、iTunes Festival 改め Apple Music Festival を 9月19日から9月28日まで、10夜連続で開催すると発表しました。ロンドンで開催されるライブの模様はライブ/オンデマンド配信され、iPhoneやiPad、Mac、Windows PC、Apple TVなどで無料で視聴できます。

各日のヘッドライナーには、Apple Music のプロモーションに早くから関わっているファレル・ウィリアムズをはじめ、日本にもファンの多いワン・ダイレクション、さらにフローレンス&ザ・マシーン、ディスクロージャーなどが務めます。会場は iTunes Festival から引き続きロンドンの The Roundhouse。1846年に建設され、立ち見での収容人数は約3300人。古くはピンクフロイドやジミ・ヘンドリクス、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンらがステージを踏んだ由緒ある劇場です。

昨年に続いてステージに立つファレル・ウィリアムズは「Apple Music Festivalのステージに立てるのがとても嬉しい。Roundhouse は歴史的な会場で、集まる大勢のファンには特別なエネルギーがある」とコメント。ワン・ダイレクションのナイル・ホーランも「歴史ある Roundhouse から Apple Music を通じ、世界に向けて演奏できるのが待ちきれない」と語ります。

アップル上級副社長エディ・キューは Apple Music Festival の開催について「(Apple Music の開始もあって)今年は音楽ファンのために本当に特別なことをしたかった」、「地球上で最も素晴らしいアーティストたちが集結して素晴らしい音楽をお届けしつつ、Connect や Beats 1 でファンとのふれあいも提供する」としています。
  
Apple Music Festival は iTunes Festival 時代と同じく会場への入場は無料。とはいえチケットは必要で、抽選での入手となります。今年はフェスティバルの期間が iTunes Festival 時代の30日間から10日間に短縮しており、チケットの争奪戦も激しくなりそうです。

なお、チケットの抽選に申し込めるのは「英国にお住まいの方」。残念ながら日本からは iTunes / Apple Music 経由でチェックするしかなさそうです。