Googleのモジュール式携帯 Project Araの開発が遅延しています。

Project Araは、CPUやディスプレイといった携帯電話の構成要素をモジュール化し、自分好みに組み上げられるプロジェクト。Google傘下のAdvanced Technology & Projects(ATAP)が主導し、基本的な機能だけに絞ったエントリークラス相当の販売価格は50~100ドルを目標としています。

2015年中の発売が期待されていましたが、発売時期を2016年まで遅延することが明らかになりました。

遅延理由について詳細な理由は明かされていませんが、Project AraのTwitterアカウントでは、各モジュールの接着強度不足を示唆するつぶやきが投稿されています。

更新: Project Ara 公式が「落下試験失敗は冗談」とツイート。ただし来年への延期や、モジュール構成の変更などについては (今のところ) 取り消していません。

ばらばらになったとまでは述べていないものの、落下試験に失敗した旨の記述があることから、順当にばらばらになったことが伺えます。

現状、Project Araについて多くの情報が示されているわけではありませんが、今年のGoogle I/Oではモジュールを組み合わせて端末として動作させるデモが行われており、開発自体は進捗している模様です。強度面の課題がクリアできれば、また新たな展開が期待できるでしょう。


更新: Project Ara 公式が「落下試験失敗は冗談」とツイート。ただし来年への延期や、モジュール合体方式を永電磁石から変更する点については (今のところ) 取り消していません。