サムスンの幹部Dennis Miloseski氏が、自身のInstagramに文字盤が丸い新スマートウォッチの写真を掲載しました。「新しい Samsung Gear S2 を試用中」とのキャプションがあり、サムスンが9月の IFA 2015で発表とみられる Gear S2 の実機であることがうかがえます。

サムスンは8月13日に今年の大型スマホ兄弟 Galaxy Note 5 / Galaxy S6 Edge+ を発表した際、最後のサプライズに文字盤が丸いスマートウォッチを予告していました。

速報:Galaxy Note 5発表、S6同等のSoCに5.7型2560×1440有機EL画面と4GBメモリ搭載​

速報:サムスン Galaxy S6 Edge+発表。5.7型曲面有機EL、4GB RAM、Exynos 7420搭載​



スマートフォンのフラッグシップモデルが Galaxy S であるように、Gear 2 はサムスン的にはスマートフォンのフラッグシップにあたる製品。先代の Gear S は手首に沿った大型のスーパー有機ELディスプレイを採用し、単体で3Gデータ通信や通話ができるなど、腕につけるスマートウォッチ的なモデルでした。


一方、新製品のGear S2 は伝統的な腕時計のような丸い文字盤を採用。サイズも法外に大きなわけではなく、先代のいかにも未来です感から一転して普通のスタイリッシュな腕時計に見えます。




Gear S2 の仕様についてはまだ明らかになっていませんが、アプリやUIから、Android Wear でない独自OSを採用することはほぼ確実。順当に考えれば、先代と同じ Tizen を採用すると見られます。サイズが小さくなったにもかかわらず nano SIMスロットを備え先代と同じく単体でネット接続や通話ができるのでは、といううわさもあります。



サムスンは Gear S2 を始めとする新製品を、9月3日から開催されるベルリン IFA 2015 で発表する見込み。サムスンのプレスカンファレンスは日本時間で9月4日0時から開催予定です。速報は IFA 2015 イベントページヘ。

IFA 2015 記事一覧