FREETELのSIMフリー「ガラケー」Simple、発売3日で販売終了。増産予定無し

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年09月1日, 午後 03:39 in freetel
0シェア
FacebookTwitter


FREETELが8月28日に発売したSIMフリー『ガラケー』Simpe。発売から僅か3日の8月31日をもって販売を終了しました。理由は「予想を大きく上回る注文で総生産分が完売したため」。増産は追加の部品調達が困難であることを理由に行わないとしています。
Simpleは、デュアルSIMスロットを搭載したシンプルフォン。SIMロックフリーかつ機能を通話とSMSに特化したシンプルさが売りで、価格は税別5980円を実現していました。

その他ボイスレコーダーや、FMラジオも聞けます。

主な仕様は、1.77インチ 128 x 160 TFT液晶、64MBのストレージ、microSD 32GB、1000mAhバッテリーなど。本体サイズは 102.6mm x 45.0mm x 14.4mm、質量74g。

ネットワークは UMTS 800/2100 MHz および GSM 900/1800/1900 MHzに対応。国内ではNTTドコモ、ソフトバンク、Y!Mobileの回線を利用できます。デュアルSIMスロット(標準/標準)を搭載し、海外渡航時には日本と海外のSIMを挿すことで同時待ち受けが可能という仕様。



FREETELは発売に先駆けて8月24日にSimpleの予約受付を開始。税別5980円という低価格もあり、初回入荷分は初日で完売しました。8月26日に申し込みを再開しましたが、8月28日の発売からわずか3日での販売終了。増産についてはFREETEL側は『特殊なフィーチャーフォンであるため追加の部材調達が困難であり、増産の予定はない』としています。

5980円のSIMフリーケータイSimpleは8月28日発売。通話とSMS特化、デュアルSIMスロット搭載

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: freetel, simple, simplephone
0シェア
FacebookTwitter