スター・ウォーズの転がる新ドロイド BB-8、本物そっくりのトイで発売。開発はもちろんSphero

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年09月4日, 午前 12:46 in bb-8
0シェア
FacebookTwitter


「頼もしい」と「大丈夫か」が渾然一体としたディズニー版スター・ウォーズ商売の話題。

最新作『フォースの覚醒』初の予告編でファンを沸かせたあのボール状ドロイド BB-8 が、予告どおり本物そっくりなラジコントイとして登場します。




架空のロボットキャラクターに対して本物そっくりというのはややおかしな気もしますが、BB-8 はコンピューターグラフィックだけでなく、落ちそうで落ちない頭を載せてコロコロ動く実物大の撮影用プロップが本当に存在していたことでも話題を呼びました。


おもちゃ版の BB-8 を開発・販売するのは、映画用の「本物」製作にも協力した Sphero。スマートフォンで動かすボール型ラジコンの Spheroです。

おもちゃ版の商品名は BB-8 by Sphero。手乗りサイズのボール型本体に、半球状の小さな頭が乗っています。落ちそうで落ちない頭の微妙な動きがなんともコミカル表情を与えるのは劇中と同じです。

BB-8 Sphero は、通常版(?)の Sphero と同じく iOS / Android アプリで動かします。しかし、従来のSPhero用のゲームなどとは互換性なし。BB-8 は Bluetooth LEを使う点も違いです。

米国での価格は150ドル。本日より発売です。




 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: bb-8, RC, sphero, Star Wars, the force awakens, toys
0シェア
FacebookTwitter